ゼロから作るVol.2!セールスデザイン×セールスコピーのランディングページ【コピー編】

この動画ではどのような手順でランディングページの骨格であるコピーを作成していくかをお伝えしています。

いくつか書く上でのポイントはありますが、
一番大事な点は見込み客の目線で「欲しい」と思えるかどうかです。
これがブレている状態で進めると、いくらデザインを華やかにしたり、インパクトを付けたとしても見込み客がアクションを起こしてくれるデザイン、魅力のあるページにはなりません。

また、全て自分で「書く」という風にも思ってはいけません。

ライティングの6割〜7割ぐらいは「集める」という作業内容です。

お客さんの声、推薦者の声、商品・サービスの特徴など、
一旦全部集めきってから、その素材を切り分けたり、一部をリライト(編集)したりして、プロットに置き換えていきます。

 

そして、全て揃ったら、
とりあえず、間違いやニュアンスを気にせずザーっと書き進めることです。

この段階ではまだデザインに落とし込むことを意識しなくてもOKです。馴れてくれば、デザインの完成を想定しながらコピーを書き上げることが出来ます。

次の講座は【設計書編】です

⇒ http://jituen-basic.com/?p=815

 

読めば読むほどデザイン力がアップする無料メルマガ配信中!

メルマガ

初心者のための
5日間のビジネスデザイン
基礎講座【無料版】

ほかにもメルマガ会員限定の特典やセミナーの告知なども
いたしますのでビジネスで使えるデザイン力を
身につけたい人は今すぐ下記よりご購読ください。

上野健二

上野健二
実演デザイン講座 主催/セールスデザイナー・ディレクター。

10年以上、デザインプロダクションにて上場企業のブランディングデザインほか広告、ポスター、チラシ、WEBなどデザイン、ディレクションに携わる。プロダクション時代、プロのデザイナーにデザインを教え、起業後、デザイン会社やプロのコンサルタントなどに、コンサルティングをし業績を上げる経験を持つ。これまで動画を通じて1000人以上の初心者から上級者にデザイン制作を教える。また、現在、中小・個人事業企業の業績アップをデザインでサポートする会社を経営、年間100本以上ランディングページを制作し、自身でもECショップを複数運営する。現役のセールスデザイナー兼ディレクター。