ゼロから作るVol.3!セールスデザイン×セールスコピーのランディングページ【設計書編】

コピー書けるけど、

デザインのイメージが全然湧かない…

この悩みは良く聞くのですが

その原因はコピーを

レイアウトしてないからです。


レイアウトといっても

プロのデザイナーが作る

レイアウトを作るということでは

ありません。


どのコピーが

「どこに」

「どれぐらいの文字数」

で入るのか?


これが落とし込めてないと

多分、ライターさん自身も

完成系が見えないし、

その原稿を渡されたデザイナーも

良く理解出来ず、

理解してないまま作ることになります。


その結果、、

「う〜〜〜ん。。」

こんなんじゃないんだけどな〜

もっとメリハリが

必要なんだけどな〜


というデザインが出来ます。


設計書が無いと、

デザインが出来上がってから

大幅な修正をしないといけなかったり

余計に工数が掛かってしまいます。


僕も自社の案件作る時は

かならず、

コピー

ワイフレ

デザイン

という順番で進めます。

—–

次の講座は【デザイン制作編01】です

⇒  http://jituen-basic.com/?p=822

読めば読むほどデザイン力がアップする無料メルマガ配信中!

メルマガ

初心者のための
5日間のビジネスデザイン
基礎講座【無料版】

ほかにもメルマガ会員限定の特典やセミナーの告知なども
いたしますのでビジネスで使えるデザイン力を
身につけたい人は今すぐ下記よりご購読ください。

上野健二

上野健二
実演デザイン講座 主催/セールスデザイナー・ディレクター。

10年以上、デザインプロダクションにて上場企業のブランディングデザインほか広告、ポスター、チラシ、WEBなどデザイン、ディレクションに携わる。プロダクション時代、プロのデザイナーにデザインを教え、起業後、デザイン会社やプロのコンサルタントなどに、コンサルティングをし業績を上げる経験を持つ。これまで動画を通じて1000人以上の初心者から上級者にデザイン制作を教える。また、現在、中小・個人事業企業の業績アップをデザインでサポートする会社を経営、年間100本以上ランディングページを制作し、自身でもECショップを複数運営する。現役のセールスデザイナー兼ディレクター。